飲食店経営者は必ずVRをおさえろ 女子を取り込むVR活用術

新しく行く飲食店では最初スマホで検索してから、ということが多くなりましたね。特に女性の方が多いのではないでしょうか。

そこで飲食店経営者にとって顧客を増加させる新たな方法としてVRというのがとてもおもしろいな、と感じております。

 

 

VRを活用できる業界はハイテクな分野だけであると考えていないでしょうか。

たしかに最新技術を用いたアトラクションが豊富なアミューズメント施設などでは、すでに多く取り入れられています。

しかし、それ以外の業界であってもビジネスに活かす方法はたくさんあるのです。

もちろん飲食店も例外ではないので、経営者は積極的に活用する方向で検討してみてはいかがでしょうか。

特に女子を取り込みたいと考えているなら高い効果を期待できます。

今回はVRを使用して女子を取り込むVR活用術をご紹介します。

 

実は飲食店とVRの相性は決して悪くありません。

なぜなら飲食という体験を楽しむことも、来店する人の大きな目的だからです。

食べることだけが目的であるなら、スーパーやコンビニで弁当を買って家で食べるだけで十分です。

レストランやカフェなどの雰囲気を味わうことも目的の一つと考えるのが妥当です。恋人と記念日に食事をするときは、ムードのある店を訪れるケースが多いことからも明らかといえます。

そのように飲食店にとっては体験も重要な要素なので、その体験に付加価値を付ける方向で考えるのは自然な流れです。

VRは仮想的に特殊な体験を味わえるので、そのための手段としてふさわしいと言えるでしょう。

 

たとえば全方位をモニターにして、そこに外国の風景を映し出すサービスなどが考えられます。そのようなパノラマの映像に囲まれていると、その国にいるような気分を味わえます。

フランス料理の店ならパリの街並みを映したり、インド料理の店ならガンジス川を映したりすることで、旅行をしているように感じさせることも可能です

。また映像だけでなく、その風景で聞こえる音声なども流せば、さらにその場にいるような臨場感を高められます。

そのような雰囲気を楽しいと感じて、リピーターになってくれる女子は多いでしょう。男性は食べることに集中しやすいですが、女子は食事の時間を楽しく過ごすことに重点を置く傾向があるからです。

またそのような環境であれば、同じメニューであっても普通に食べるより美味しいと感じるケースも多いと考えられます。

またレストランやカフェだけでなく、料亭などの和食でも活用することが可能です。

同じようなサービスであれば、日本の美しい伝統的な夜景をパノラマで表示する手段などが挙げられます。

 

そのような特殊な体験を提供するだけでなく、店内のサービスを向上させたい場合にも役立ちます。

各席に設置したモニターを使用して、店内を仮想的に移動できるサービスもその一つです。

トイレに行きたいときに歩き回って探すことに抵抗がある女子は多いと考えられます。しかし仮想的に移動して探せると、そのような煩わしさがなくなります。

また厨房の様子が分かると、これから食べるメニューがより楽しみになるでしょう。

また、メニューを検索できるようにすることも可能です。紙のメニューではどのような料理か分からないケースもよくあります。

しかし、選んだメニューを立体的に表示すれば格段にイメージを掴みやすくなるでしょう。分量も把握しやすくなるので、あまり多く食べられない女子であっても安心です。

前述のように、女子は食事をするときに味だけを楽しむのではありません。料理の見た目などにも関心があるので、あらかじめ立体的な映像で確認できることは大きなメリットといえます。

 

このようにVRを活用すると、飲食店をこれまで以上に女子にとって魅力的な場所に作り変えられます。

VRを活かしたサービスは、視覚的なインパクトが強いことも大きな特徴といえます。

女性のなかには店内の様子を撮影して、SNSで紹介しようとする人も少なくないでしょう。

そのように拡散されることにより、さらに多くの女性が訪れるようになる見込みがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です