自分でもVRを作れる!? 360度カメラ活用法

バーチャルリアリティーの時代がようやくやってきました

。パソコン、ゲーム、コンシューマー向け製品で、ようやく、様々な製品がリーズナブルな価格で、立ち上がってきました。

有名なところでは、ソニーのプレイステーションVR、マイクロソフトのHoloLens、オキュラスのリフトや、HTCのバイブは、バーチャルリアリティーの間口を開け、簡単にバーチャルリアリティーの世界を体験できるようになりました。

 

さらに、オペラによって、360度のバーチャルリアリティーの世界に特化した、ゴーグルが出てきました。

これは、ソニーのプレイステーションVRやマイクロソフトのHoloLensのゴーグルのように、VR360が組み込まれています。

そして、オペラのユーザーは、バーチャルリアリティーの世界に没入することができるのです。

 

360度カメラで撮影されたバーチャルリアリティーの世界はYouTubeやフェイスブック等で急速に伸びてきてはいますが、これまで、ソフトのサポートが限定的で、使いにくいというケースが多かったです。

今までは、ダウンロードをまず行って、アプリを開いてという面倒な作業をしなければ、なりませんでした。

そんな面倒なことはせずにオペラは、直接、VRゴーグルでウェブブラウザーを見ることができるようになっているのです。ユーザーは、2Dも3Dも簡単に切り替えて見ることができるのです。

 

最新のオペラは、自動的にバーチャルリアリティーを見ることができるようにセッティングされています。

動画映像を、オペラで見ると、「VRで見る」というボタンが出てきます。これを押すことで、360度の動画を見ることができるようになるのです。

周りをくるくると見渡せば、マウスやボタンも必要ない、見れば、その方向の映像が見えるという体験をすることができるのです。

 

オペラの機能というのは、360度の映像を見られるというだけでなく、標準の動画もきちんと見られるようになっています。

ゴーグルを通して、2Dや180度の映像も見ることができるようにもなっていますし、個人の映像を簡単に編集できるようにもなっています。

最近個人的にHaareというブランドの360度カメラを購入したのですが、VRモードといって、片目づつ見れるように画面が2つに分かれているモードがあってとても楽しく使用しています。

360度カメラで撮影したものをアプリを使用してスマホやiphoneの画面にVRモードとして再生できるんです。VRがとても身近になりましたね。

 

オペラでは、内部のデザイナーや、ユーザーエクスペリエンスを改良するチームが、関わりより使い勝手のよい、映像体験をできるような機能をオペラに盛り込んでいるのです。

 

今後、まだまだオペラは、進化していう計画があるようです。

成長してきている360度の映像の世界をさらに大きくするため、映画配給会社や、主要なメディアや、スポーツ運営会社等と連携を拡大していくということが予定されています。

オペラの世界というのは、まさに今、想像を超えて新たな経験をユーザーにもたらしていくのです。

特にバーチャルリアリティーの世界というのは、スポーツで、新たな経験を提供しています。

あるアメフトのチームでは、このオペラを練習に盛り込むことで、トレーニングに活用するということまでやっているのです。

 

まず、最初に色んな体験が難しいことでも、オペラを使えば、簡単に、そのバーチャルリアリティーの世界を通じで、体験をし、訓練を行うこともできてしまうのです。

スポーツ以外にも様々なパートナーと共同で、これからもオペラは、ますます、仮想の世界での体験をしたいものを体験できるという領域を増やしていきます。

また、これまで、体験ができないのではないかという想像もしなかった世界もオペラの中では体験することができるので、そのような想像だにしなかった世界にもオペラは挑戦していきます。

 

オペラの世界観というのは、とどまるところを知りません。

これからも広がりつつあるオペラの世界に注目しつつ、バーチャルリアリティーの世界を通じて、どんどん、新たな体験をして、自身の人生観の拡大につなげてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です